年をとるほど難しくなる

仕事が定年を迎え、年金だけで生活をしていると、急な出費に困ってしまう事もしばしば。そんな時にカードローンが使えると便利ですね。ですが、働いた収入がないのですから、はたしてカードローンを利用することができるのでしょうか?

 

答えは、金融会社によっては申し込み可能としているところもある…です。ただし、かなりその数は少ないものとなっていますから、カードローンを取り扱っているすべての金融機関で受け付けているかというと、そうでもありません。また、細かく設定されていることもあり、本人の年齢や年金収入はもちろん、それ以外にも以外の収入があるかどうかで決まってくるものとなります。

 

成人していればお金が借りられる…という事は、誰もが知っている事。ですが、何歳まで借りられるのか…というのは曖昧になっている事が多く、これは金融会社でも設定が微妙に異なっていたりします。一般的には、60歳までは大丈夫でも、それ以降はかなり厳しくなる…といった感じです。65歳ではなかなか借りることができず、70歳ともなると無理なことがほとんど。

 

このカードローンが利用できる上限年齢は、法律で決まっているわけではありません。金融業者が独自に、60歳から70歳までは細かく設定しているものとなっています。利用したいカードローンがあったら、まずは利用可能な年齢をチェックしてみるといいでしょう。

 

ちなみに、年金以外にも収入がある場合…つまりは、パートやアルバイトといった事をしていて副収入がある場合は、申し込みできるカードローンの幅も広がってくるといえます。この場合は、副収入で申し込む事が可能なのですね。


年金だけでの申し込みは難しい

年金受給者が申し込めるカードローンは、残念ながら数が少ないものとなっています。しかも、年々減少してきている傾向にあり…今では数店しかないといった状態です。それだけ、年金だけでの利用は厳しいということでもあるのです。

 

年金受給者の申し込めるカードローンは、年齢制限、他に収入があるのかによってだいぶ変わってきます。申し込む前には年齢が対象外になっていないかどうかをチェックする必要がありますし、また他の収入があった場合はどうなるのか、利用できるのかどうかも調べなくてはいけません。年齢に関らず急な出費に困る事はあるのですが、年齢によって可能な範囲や条件が変わってきます。カードローンで失敗しないためにも、十分に調べてから借入を申し込むようにしましょう。

 

ちなみに、カードローン以外にもお金を借りる方法はあります。年金を担保にして融資を受ける…といった方法もあり、これは独立行政法人福祉医療機構(WAM)と日本政策金融公庫で取り扱っているものとなります。他の業者でもし取り扱っているとしたら、それは明らかに違法な業者です。年金を担保にしてお金を借りる事ができるのは、この2箇所だけになりますので、騙されないようにくれぐれも注意するようにしましょう。まずは、家族に相談してからのほうが安心です。