他の人にばれない?

カードローンは、いわゆる借金です。借金をしなければいけない…というのは、イメージ的にもあまりよろしくありません。しかも、なぜか後ろめたさを感じる事も少なくないのです。そんな、あまりポジティブなものではない、できれば関りたくないものですから、当然の事ながら、他人にも知られたくないと誰もが考えます。夫婦間でもそうなのですから、借金というのはできれば秘密にしておきたいものなのですね。

 

そうした借金への心理からも、カードローンの申し込み方法についても、誰にも見られないでおこなう方法が人気となっています。その代表的なものといえば、インターネットによる申し込みです。特に、近年のインターネットの普及はすさまじいものがあり、今では誰もがインターネットが身近なものとなっています。金融会社としても、ホームページから申し込みできるように用意しているのが普通ともなっています。自宅で誰かに見られることなく簡単に手続きできるのですから、これほど適した申し込み方法はないのです。

 

とはいえ、審査の一過程において電話での確認が入る事があります。それは自宅だけでなく会社に。本当に申告されている会社に勤めているかどうかを、実際に電話で呼び出してもらうことで確認しようとするのですが、申込者としていは金融会社からの電話など受けたくはありません。そこらへんの事は金融会社もわかっていますので、確認の為の電話では、担当者は個人名でかけてきます。金融会社からだとわからないように配慮はしてくれますので、プライバシーについてはそう心配する事はないといえます。


審査に落ちたら?

カードローンに申し込んで、審査の結果が残念なものとなってしまった場合…一体どうしたらいいでしょうか?「こっちの会社では断られたから、別の会社に申し込んでみよう」と軽く考えるのは危険。同じような理由で、再度申し込んだ会社から断られてしまう可能性は高いのです。ましてや、あまり短期間に何社も申し込んだりしていると、それだけ審査に落ちやすくなるのです。

 

では、審査に通らなかった原因を解決すればいいんだ…と思ったとしても、実はなぜ審査に落ちたのかは教えてくれないのです。教えてくれなければ直しようがないじゃないか…と起こる気持ちもわかりますが、そこは自分で推測、あるいは担当者にカマをかけてうまく聞き出すしかありません。しかも、たとえ教えてもらったとしても、それが必ずしも改善できるかどうかなんてわかりません。

 

もし審査に落ちてしまったら…一般的には、半年は別の会社に申し込むのを控えなくてはいけないといわれています。その間はただじっと待つだけ。半年といった期間であれば、状況もいくぶんか変わっているだろうから、審査に通れるようになっているかもしれないのです。

 

ちなみに、クレジットカードを止められている人が、その場しのぎでカードローンに手を出そうとしても、それも難しいものとなっています。なぜなら、信用情報は専門の機関でしっかりと管理されており、また必要とする金融会社が共通してみる事ができるからです。