雇用形態にとらわれない消費者系カードローン

お金を借りるとなると、どうしても「正社員じゃなくてはいけないのでは?」といった考えが、頭の中に思い浮かんでしまいます。パートやアルバイトは、いわば非正規雇用者です。ですから、お金を借りるとなると配偶者に頼った形で借りることもしばしば…。でも、できれば配偶者の手を煩わさずにお金を借りたいですよね。実は、カードローンのなかには、パートやアルバイトでも利用できるものがあります。

 

カードローンは大きく分けて「銀行系カードローン」と「消費者系カードローン」とあり、両者には大きな違いがあります。前者は銀行法に、後者は貸金業法に従ってお金を融資しています。その違いからも、パートやアルバイトの人がカードローンも後者の消費者系カードが利用できるようになっているのです。

 

消費者金融系カードローンでは、ほとんどが安定した収入がある人であれば、誰でも利用可能…といったことを掲げています。つまり、正社員とかパートとか、そういった雇用形態は関係なく、ただ継続した収入があれば利用することができますよ…としているのです。

 

とはいえ、消費者金融系カードローンでは、総量規制が適用されるものとなります。ですから、借りられるのは年収の3分の1だけ。例えば、年収が180万であれば、借りられるのは60万まで…ということです。銀行系カードローンではこうした制限がありません。が、その分、審査も厳しいものとなります。消費者金融系のカードローンでは、審査も柔軟に対処してくれますし、融資もスピーディーにおわります。ですから、即日融資なんてことも可能となるのです。

 

パートやアルバイトといった雇用形態でも利用することができる、消費者金融系のカードローン。審査に不安がある場合や、急ぎでお金が必要な人などにも強力なお助けサービスとなるのです。


パートやアルバイトが審査で落ちる理由

消費者系カードローンであれば、パートやアルバイトでも借りることができる…ものの、最低限の審査を通過するボーダーラインというのがあります。審査の中でも一番にみられるのが、勤続年数です。実は、勤続年数が少なくて審査に落ちてしまう…といったパターンが目立って多いものとなっています。年収では100万ほどあれば問題ないとされていますが、勤続年数が半年以下だったりすると、ちょっと審査を通るのが難しくなります。もし他にも借入しているところがあれば、審査を通る可能性は低いものとなるでしょう。

 

カードローンなどの審査では、何が原因で落ちるかはわかりません。さまざまな項目からトータル的に判断されますし、審査に通らなかった理由を教えてくれません。ですから、少しでも不安がある場合は、「お試し診断」といったツールで、事前に融資の有無を調べみるといいかもしれません。

 

お試し診断では、無記名で簡単な項目を入力しただけで、借入することができるかどうかの簡易的な結果を教えてくれます。個人名が特定されることもありませんので、安心して使えます。ただし、これはあくまでも簡単な診断にすぎませんので、本番では落ちることもあるかもしれないことは、肝に命じておきましょう。