カードローンって…なんですか?

カードローンとは、その名の通りカードを使ってATMやCDからお金を借りることをいいます。銀行はもちろん信用金庫、信販会社、消費者金融で取り扱っているサービスとなります。

 

借りたお金はほとんどの場合、分割で返済していきます。また、借りたお金の使い方は自由ですから、申し込み時に何に使うかをこと細かく報告する必要がありません。目的に応じたローンサービスが他にも用意されていたりもしますが、カードローンはそうした目的を持たない自由な使い方をできるサービスなので、気軽に借りられるサービスといえます。いくらまで借りられるかというのは、カードを発行する時にその貸付限度額が決められており、その範囲内で借りることとなります。

 

そして、カードローンのメリットとして、カードを発行するスピードが早いといった事が挙げられます。審査基準も比較的緩やかですから、過去に大きな金融事故を起こしていない、もしくは収入状態がかなり悪い状態でない限り、通りやすいものとなっています。ですから、急な出費が必要となった人からしてみれば、とても助かるサービスといえます。

 

とはいえ、メリットがあればデメリットもあるもの。審査スピードが速くて審査基準が緩いといった事が、貸したお金にかかる金利を高くしているのです。金利が高ければ高いほど、返済も厳しくなります。ですから、いくら借りやすいとはいえ、返済の目処をしっかりと検討したうえで利用するようにしましょう。


カードローンの選び方

カードローンはフリーローンと似ているサービスと言えます。共通するのは、借りたお金を何に使おうが自由…というところ。とはいえ、目的別に設定されているローンサービスよりも自由度が高いのですが、金利の面では高いものとなっています。ですから、さっさと返す当てがあるのであれば、利用してもそう損をすることもないといえます。

 

ちなみに、カードローンでは借りられるお金の上限が決まっています。これを「限度額」といいますが、この限度額ないであれば、何度でも借りることができるのです。限度額いっぱいに借りていた場合は、新たに借りることはできません。

 

そんなカードローンのサービスを取り扱う金融会社は、意外といろいろとあります。たくさんある中で選ぶ基準となるのが、金利と限度額です。金利は借りたお金に対してかかってく利息ですから、できれば金利が安いところの方が返済面では楽となります。また、限度額も借りたい金額を上回っていないとダメです。とはいえ、あまり限度額が高いとついつい甘えてしまう事もあるかもしれませんので、そこは適度な範囲にしておいたほうがいいですね。


内容によっては目的別ローンを選ぶのもあり

カードローンは借りたお金を自由に使える融資ですが、他にも目的別に合わせたローンサービスというのが用意されています。もし、カードローンで借りるための目的に適したものがあれば、そちらのローンサービスを利用してもいいですね。目的別ローンには、住宅ローンや教育ローン、自動車ローン…など、さまざま。金利はこちらのほうが断然安くなっていますし、融資額もそれに合わせたものとなっていて、ほとんどが大きな金額で借りれるものとなっています。ですから、もし当てはまるようなサービスがあれば、カードローンで借りるよりも効率的と言えるのです。

 

ただし、金融機関によって設定されている金利がことなりますので、どこも一様に安い…ということは絶対ではありません。できるだけ安い金利で利用するためにも、各種金融機関のローンサービスを比較検討して選ぶようにしましょう。また、金利には「固定」や「変動」といった金利の種類がありますので、そこらへんも合せて考えるようにします。ただ単に金利の数字だけをみるのではなく、実際にはどれくらい払う事になるのかをシュミレーションをしてから選ぶと、失敗する可能性も低くなります。


カードローンの返済期間&返済方法

カードローンで借りたお金は、毎月、決まった日に返済することとなります。返済方法はATMや金融機関からの振り込み、口座引落といった方法から選んで返済していきます。

 

この決まった日に返済する方法にあたっては、一つ注意しておかなくてはいけない事があります。それは、約定返済期日というもの。約定返済期日とは、その月の支払日が銀行の休業日であった場合、その翌日の営業日に支払いを確認するといったもの。つまり、金融機関が休みの時は、休み明けの営業時間におこないますよ〜…という事です。ここらへんは、自分でも毎月、確認しておきたいもの。とはいえ、ほとんどの会社が設定した日の後にしており、前日とかではないので、忘れていたとしても事前に入金しておくクセをつけておけば問題はないでしょう。

 

そして、カードローンの手続きの流れとしては、申し込んだら審査がおこなわれ、その審査が通ったら契約、融資…といった簡単な流れとなっています。何も難しいことはないので、特に問題がない限りはスムーズにパパッと終わってしまいます。ちなみに、この申し込みの際には、身分証明書や収入証明書類(源泉徴収票、住民税決定通知書、納税通知書、所得もしくは課税証明書、給与明細書)などが必要となります。

 

即日振込 カードローン


更新履歴